震災

電気ケトルでお風呂の浴槽にお湯を貯めてみた。

最近、地震で被災して、ガスが止まってお風呂に入れなくなりました。

 

その時に、ティファールでお湯を沸かして、浴槽にお湯を貯めるという試みをやってみました。

この記事では、何杯ぐらい入れたか、お湯の温度はどうだったかなどを書いていきたいと思います。

我が家のお風呂のスペック

まず、我が家のお風呂のスペックについてです。

横130㎝✖縦80㎝✖高さ㎝です。

図で表すと、こんな感じ↓

120リットルでおへその少し上くらいまでつかれます(半身浴するのにちょうどいい湯量)。

スポンサーリンク
 

ティファールで沸かしたお湯を貯める

我が家のお風呂の水が入ってない状態の浴槽がこちら。

ここに、ティファールで沸かしたお湯を貯めていきます。

我が家のティファールは、最大800ml沸かせます。

なので、800mlずつ浴槽に入れていきます。

ティファール6杯(800ml✕6杯=4800ml)を入れた時の湯量がこちら。

1㎝も溜まっていません。。。5mmくらい笑。

むしろ、写真だと空に見える笑。

うっすら青がかっているのが水です。

ちなみに、6杯入れるのに、かかった時間は30分です。

それで、これだけしか溜まってない笑。

1杯沸かすのに、3分くらいかかりました。なので、合計時間は 3分✖6杯=18分 のはずなんですけど。。。

風呂場と台所を往復したり、手が放せない時は、ちょっと放置してたので、30分かかりました。

ちなみにお湯の温度は、38.7度でした(赤外線温度センサー[旦那私物]で測りました)。

うーーんなんとも言えない温度。。。温い。。。

我が家には、風呂の蓋がありません。なので、今回、蓋をするなどの保温対策をしなかったため、沸かした時は約100度あったお湯も30分でここまで冷めました笑。

風呂蓋があると、もうちょっと保温されるかも。

ちなに、季節は梅雨(6月)で、外の気温は、25度前後でした。

気温が低い冬だと、もっと冷めるの早いと思います。

<参考>

一応、120L入れた時の湯量も載せときます。

120Lいれると、このくらい↓です。4.8Lでは、ぜんぜん湯量が足りない。。。

スポンサーリンク



お湯を貯めるのにかかる時間は?

30分でこの量しか貯まらなかったので、ティファールでお湯を貯めるのはあきらめました。

けれど、今回得た結果を元に、ティファールでお湯を貯めるには何時間かかるか計算してみました。

結果から言います。

800mlのティファールでお湯を120L貯めるには

6時間15分 かかります。

4.8リットル貯めるのに、30分かかりました。

なので、それを元に計算しました。

120Lは4.8Lの25倍なので、時間も25倍して計算しました。

120L貯めるのに、30分✕25倍=750分(6時間15分)かかる計算です。

えぐい。。。

まあ、今回は、風呂蓋などで保温せず、お湯を足してもすぐに冷めてしまう場合を想定しているので、120Lをティファールで沸かすという想定で計算しました。

風呂蓋をして保温しつつ、60Lは水、後の60Lはティファールで沸かした100℃のお湯を入れるとかやってみたら、3時間くらいで、30℃くらいのお湯にはなるかも。

個人的意見なので、保証はないけど。。。

お湯を貯めるその他の方法

浴槽では、お湯を貯めることはできなかったのですが、なんとかして家でお風呂に入りたいと思って、色々考えました。

そこで、子供用プールでお湯を貯めることを思いついたので、やったみました。

その時の記事が、以下です。

子供用プールには、約40℃のお湯を貯めることができて、無事に家でお風呂を済ませることができました。

でも、子供用プールだとお湯の量が少ないので、頭は水で洗いました。(体はお湯で洗った)

全身をゆったり洗うには、やっぱりお湯の量が多い方がいい!と思い、どうにか電気でお風呂を沸かせないか調べました。

そうすると、こんな商品を見つけました↓


これをお風呂に数時間入れておくと、お湯になるらしいです。

高いですが、1.2週間ガスが止まるって人は買ってもいいかも。

なんにせよ、ガスが使えないっていうのは予想以上に大変でした。。。

以上です。お読みいただきありがとうございました。