【レビュー付き】水彩色鉛筆の初心者におすすめの本

水彩色鉛筆アイキャッチ

私は、最近、水彩色鉛筆をはじめました。

しかし、超初心者なのでぜんぜんわからず。

そこで、本を買って勉強してみることにしました。

でも水彩色鉛筆の本って、数種類しかありません^^;。

今回はその中から、私が参考にしたおすすめの本を紹介したいと思います。

(ちなみに超初心者の私が一番買ってよかった本は「はじめてさんの水彩色鉛筆Lesson 超初心者編」という本です。)

水彩色鉛筆の”超”初心者にはこの本がおすすめ!

水彩色鉛筆のことを何も知らず、イチから始めるなら「はじめてさんの水彩色鉛筆Lesson 超初心者編」という本がオススメ!

とりあえずこれ1冊もっておけば、だいたいのことは大丈夫!っていう本です。

 

この本は、まず水彩色鉛筆では何ができるのかということからはじまって、水彩色鉛筆や筆の種類、使い方、道具のことなどとにかく超初心者向けに丁寧に説明してくれています。

私が参考になったのは、色鉛筆の種類。

水彩色鉛筆は各メーカーによって、硬質(芯の硬さ)が違います。

硬質によって、色を塗った時に出る雰囲気も違います。

私は、ステッドラーの色鉛筆を使っているのですが、ネットで調べても硬質がわからず…。

この本をみて知ることができました。

また、各メーカーの水彩色鉛筆の特徴なども書かれていて面白ろかったです。

次に参考になったのは、技法のページ。

色鉛筆としての使い方や水彩絵の具としての使い方、色鉛筆と水彩の両方を活かす使い方が載っていました。

また、それぞれの手法(ウェットやドライなど)で色を塗った所の一覧がわかりやすく丁寧にまとめられており、色を塗る上でイメージがつかみやすくてとても参考になりました。

水彩色鉛筆を使う際に便利な道具やスケッチブックの選び方なども紹介されていました。

とりあえず、水彩色鉛筆のことわからないけど始めたい!基本的なことから学びたい!って人はこの一冊から始めるべきだと思います。

スポンサーリンク



 

水彩色鉛筆の初心者にはこの本がおすすめ!

他にも同じようなシリーズとして、「はじめてさんのおうちで水彩色鉛筆Lesson」や、「はじめてさんの魔法の水彩色鉛筆テクニック with DVD」や「はじめてさんのおでかけ水彩色鉛筆Lesson」があります。

しかし、この3つは最初にあげた本より実践よりの内容です。

DVDが付いてるやつもありますしね笑。

最近、水彩色鉛筆を始めてなんとなく使い方はわかるけど、実際にどう描けばいいのか…と悩んでいる初心者の人にオススメです。

これらの本はだいたい、まずお手本の絵を紹介→その絵に必要な水彩色鉛筆の技法を紹介→真似して色を塗ってみよう!(塗り絵のページがついてる)という流れに書いています。

なので、色の塗り方とか基本的なことからちゃんと知りたい、水彩色鉛筆の全体像を掴みたいって人は、「はじめてさんの水彩色鉛筆Lesson 超初心者編」がオススメです。

逆に、水彩色鉛筆の技法くらいならわかるけど実際にどう塗ればいいのか…ってひとには、先程あげた3つの本がオススメ。

また、水彩色鉛筆に関することはだいたい知っていて、水彩色鉛筆で絵を書いたことある中級者には上記の本は、少し物足りないと思います。

スポンサーリンク



 

さいごに

最近、水彩色鉛筆を買ったので自分が参考になった本などを書いてみました。

水彩色鉛筆はまだまだ勉強中で難しいですが、パッとだしてすぐ描けるし、水を足せば水彩みたいな雰囲気も出せるし、個人的には水彩絵具よりも楽で敷居が高くなくて好きです^^。

この本のレビューが誰かの参考に慣れば嬉しいです♪